令和4年7月25日(月)
境内にあります、慈母観音様のお姿が浮かんでいる天然石をご縁に法要を行いました。3年ぶりに参列者を交えての慈母観音供養会ではありましたが、心穏やかに参列者の方々と手を合わせることが出来ました。
【写真をクリックすると大きく表示します】


令和4年7月23日
写経が続いておりましたが、今回は仏様のお姿を写して描く写仏を行いました。
同じお手本を元に描きますが、描く人によって仏様の表情がそれぞれ違った様にみえ、皆様楽しんでおられました。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和4年6月25日
今回は長野善光寺様御開帳期間中ということもありまして、善光寺和讃を写経いたしました。
いつものお経とはまた違った文章ですが、初めての方含め皆様集中して取り組んでおられました。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和4年6月19日
当寺院北側にあります合葬墓のご回向の後、本堂にて大阪より太田寛隆師の御講和を頂きまして、宗祖法然上人をお忍びする御忌法要・永代供養の方々へのご回向を行いました。
参列者を募って法要しますのは3年ぶりでしたが、参列者の方々と共に清々しい気持ちでお念仏を行うことが出来ました。
【写真をクリックすると大きく表示します】


令和4年5月29日
筝曲家・作曲家として有名な宮城道雄先生の追悼法要を宮城会様施主のもと、執り行いました。
当寺院に分骨されているご縁で法要を行いますが、コロナで人を集めての法要は3年ぶりとなりました。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和4年5月28日
雨音をBGMに写経を行いました。
長いお経を分割して写経して頂いておりますが、途中からでも参加可能ですのでお待ちしております。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和4年4月25日(月)
令和4年4月25日 お釈迦様の誕生をお祝いする法要であります、灌仏会を寺内僧侶のみで本堂で行いました。
お釈迦様のお生まれになったお姿を示した仏像に甘茶をかけお祝いいたします。
動画内でも説明しておりますのでどうぞご覧ください。
【写真をクリックすると大きく表示します】


令和4年4月23日(土)
 未だ肌寒くも桜も色付く気配のする中写経を行いました。
観無量寿経という長いお経のエッセンスを感じながら皆様心静かに写経に向かっておられました。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和4年3月22日
 春分の日、お彼岸の中日でありますこの日にお彼岸の法要をお勤めいたしました。
未だ寒さの残る日が続きますが、シャキッとした空気の残る本堂で皆様ご先祖様に思いを馳せお参りをしておられました。
【写真をクリックすると大きく表示します】


令和4年2月26日
 今回より浄土宗で大切にしています、「浄土三部経」の一つであります、観無量寿経の写経を行っています。
解説も皆さま真剣に聞いておられました。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和4年2月25日
 涅槃(ねはん)とはお釈迦様がこの世での命を終え(入滅)、身体的な苦しみから脱し、完全な悟りの境地に至ったという法要です。解説もYoutubeの冒頭でしておりますので、動画もどうぞご覧ください。
【写真をクリックすると大きく表示します】


令和4年1月25日(火)
 浄土宗を開かれた宗祖であります、法然上人のご命日の法要を寺内僧侶のみで執り行いました。
お念仏を広げられた上人に思いを馳せ、新たな気持ちでお念仏を唱えていきます。
どうぞYoutube配信もご覧ください。
【写真をクリックすると大きく表示します】


令和4年1月22日(土)
 本年最初の写経ということもあり、気持ちも新たに写経に向かわれていました。
本来は参加者の方々に参列して頂いてお経を納める法要(納経)をしておりますが、コロナウイルス再拡大の懸念の為寺内僧侶のみで執り行いました。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和3年12月31日(月)
 23時45分より除夜の鐘撞きを行いました。
昨年は寺院内僧侶のみで行いましたが、本年は感染対策をしたうえで参拝者にも鐘を撞いて頂きました。
未だ完全な収束が見えない中ではありますが、参拝者の方々と共に新年を迎えられたことを感謝したいと思います。
【写真をクリックすると大きく表示します】


令和3年12月5日(土)
 令和3年最後の写経と致しまして引き続き法然上人御法語より写経を行いました。
初参加のかたもおられましたが、集中して写経を行っておられました。
事前連絡も不要なのでお気軽に参加ください。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和3年12月10日(金)
 独特な節で「南無阿弥陀仏」をお唱えしながら上品礼(じょうぼんらい)と呼ばれる頭を下げる礼拝を行う法要を行いました。未だ寺内僧侶のみで行いましたが、YouTubeにアーカイブも残っておりますので、どうぞよろしければご一緒に頭を下げお念仏を唱えていただけたらと思います。
【写真をクリックすると大きく表示します】


令和3年11月27日(土)
 今回も引き続いて法然上人の残されたお言葉を写経させていただきました。
 今回は参加者の皆様と納経のお勤めの後、その場にて解説を致しました。いつもと違うお部屋でしたが皆様真剣に聞いておられました。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和3年11月3日(水)
 浄土宗寺院で行われる十夜の法要を寺内僧侶のみで、お塔婆を事前に申し込んでいただくという形で回向を行いました。
 この法要ではいつも使わない双盤という鉦(ふせがね)を2つ使用したお念仏も行っております。YouTubeで見ることもできますので、どうぞご覧ください。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和3年10月23日(土)
 写経は浄土宗宗祖法然上人の御お言葉をまとめた御法語より進めております。
気候も冬に向かい寒さを感じるようになってきた中、皆様真剣に取り組んでおられました。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和3年10月22日(金)
 札幌精肉商業協同組合様の獣慰霊祭を執り行いました。雨の降ったり止んだりの天候でしたが、法要中は雨が降ることなくお勤め出来ました。参列された方々と共に感謝の法要をお勤めさせていただきました。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和3年9月23日(木)
 20日から26日までの秋彼岸の中日であります23日に秋彼岸法要を行いました。
参列者着座なしでの法要もお馴染みになり、YouTube生配信も併せて多くの方々に参拝して頂きました。
また、当寺院納骨堂も秋彼岸の期間閉門時間を通常より遅くしておりますのでこちらにも、分散して多くの方々に参拝して頂きました。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和3年9月25日(土)
 前回までの四十八願文から、今回より浄土宗を開かれた法然上人の遺されたお言葉であります「御法語」を写経していただいております。書くことによってただ読むだけではなく、そのお言葉を身近に感じていただけたかと思います。解説も皆様真剣に聞いておられました。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和3年8月28日(土)
 非常事態宣言下ということもあり、いつも以上に距離を取り、写経を行い、写経を納める法要は僧侶のみで行いました。
【写真をクリックすると大きく表示します】

令和3年8月16日(月)
 8月1日からお檀家様ご自宅への棚経、お仏壇参りを経てお盆のご回向を行いました。
昨年に続き着席での法要はご遠慮いただき、10時~11時まで初盆供養、11時~13時まで一般供養という形でお勤めいたしました。
 直接参列された方々、事前に申し込んでいただいた方々、配信を見てくださった方々共に、亡きご先祖様へ感謝の気持ちを伝えることができた一日となりました。
【写真をクリックすると大きく表示します】


令和3年7月23日(金)
新善光寺境内にあります慈母観音様のお姿の浮き上がった天然石の前で供養を行いました。
お経の途中水をかけ供養を行いました、この慈母観音様はいつでもお参りすることが出来ますので、是非お立ち寄りの際はお参りください。
【写真をクリックすると大きく表示します】

以前の行事へ