お釈迦さまは、80歳のご生涯でいつも「人生は苦なり」とお示しくださいました。しかし、ただ一度だけ「人生は甘美なものだ」と弟子の阿難尊者にお伝えしたことがあります。それは、お釈迦さまが最晩年に生まれ故郷であるルンビニーをめざし、遊行の旅の途中での説法でした。一見すると、お釈迦さまの教えは矛盾しているかのように聞こえます。しかし、道を求める者にとって生きるということは、苦という側面だけでなく、まさに「苦くて甘い」ものなのではないでしょうか。
(2019年5月)
2018年  1月 2月 3月 4月
2018年  1月  2月 3月  4月 5月  6月 7月 8月 9月 10月  11月  12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月