秋が深まってきました。境内の木々も赤や黄に染まってきています。法然上人(1133〜1212)が、お詠みになった歌に、「阿弥陀仏に そむる心の 色にいでば 秋の梢の たぐひならまし」とあります。阿弥陀さまをお慕いし、そのやさしさに染まっていく私の心が色に現れるとしたら、秋の紅葉していく梢のようでしょう、というお歌です。まさに、季節だけではない、大切なことを教えてくれる紅葉を私たちも感じたいものです。
(2019年10月)
2018年  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
2018年  1月  2月 3月  4月 5月  6月 7月 8月 9月 10月  11月  12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月